4月は新会社設立や個人で開業をされる方が一番多い時期でもあります。

しかし、頭が痛い事に首都高速の値上げが4月1日からから始まりました。

ETCカードご利用の場合、普通車だと、上限料金は1,300円、下限料金は300円となります。

下記の画像をご参照下さい。

http://www.shutoko.jp/~/media/Images/customer/fee/fee-info/capitalarea-new/shutoko_graph.png

しかし現金払いで、普通車の場合だと距離に関係なく一律1,300円となってしまいます。

つまりETCカードがあればお得に乗れますが現金払いだと一律1300円払わなくてはいけません。

ですが・・・新会社・個人事業主は個人のクレジットカードのようにETCカードを簡単に作れない為、 困っている会社がたくさんあるのも事実です。

法人カード作成時のチェック項目

  • 会社名義の固定電話ありますか?
  • 設立から3年以上経過していますか?
  • なおかつ3年連続で黒字決算ですか?
  • 代表者様がゴールドとかプラチナとかのカードを所有していますか?
  • 決算書(確定申告書)ありますか?

一般的に、法人カードを作る場合、上記5つの項目をまずチェックされるそうです。

特に設立1年未満だったら決算書(確定申告書)は作ってない会社が殆どではないでしょうか。

更に固定電話も最近は携帯電話があるので繋げない方も多いみたいです。

しかし、実は中小企業の方や新しく会社設立された方、個人事業主様でもETC・ガソリンカードが発行できます。

ETC協同組合が発行している高速道路専用ETCカードならクレジット会社に比べて発行がとても簡単なのです。

法人向けのETC専用カードの発行はコチラ

そして今回、新たに登場したガソリン給油専用のカードと併用して使用すれば経費削減の相乗効果が発揮されます。

しかも嬉しい事にガソリンカードは年会費・発行手数料が無料なのです!!

つまりガソリンカードの維持費は0円です。

発行が難しいこの2種類の法人カードが同時に作れる「ETC協同組合」を利用しない手はありません。

この際この時期だからこそ是非、ご検討されてはいかがでしょうか?

法人ガソリンカードの発行はコチラ