お金の悩みを抱えている方の多くには、地に足をつけない生活や行動をされてる方が非常に多い状況であります。

例えば今回ご紹介する銀行に関して。

銀行は皆様が生活する上で欠かせない存在であるはずです。

中には銀行は一切利用せずに全て現金は手持ちで生活されてる方もいるでしょうけど一部の人間に留まるはずです。

今や銀行業界では、今年に入りマイナス金利の導入が決まって以降、多くの銀行の預金金利は急激に下落してしまった状況であります。

大手メガバンクは、普通預金金利が0.001%で定期預金ですら1年ものから10年ものまですべて0.01%になってしまってる状況です。

更には一度でも時間外手数料が取られてしまえばマイナスになってしまう様な悲しい状況下に我々は立たされてしまったのです。

そこで、まずは下記の銀行金利一覧表をご覧下さい。

各銀行の普通預金金利一覧

銀行名 普通預金の金利
SBJ銀行 0.02%
イオン銀行 0.02%(0.120%)
楽天銀行 0.02%
東京スター銀行 0.02%
オリックス銀行 0.02%
ジャパンネット銀行 0.01%
大和ネクスト銀行 0.005%
じぶん銀行 0.001%
ソニー銀行 0.001%
静岡銀行 0.001%
住信SBIネット銀行 0.001%
関西アーバン銀行 0.001%
新生銀行 0.001%
セブン銀行 0.001%
三菱東京UFJ銀行 0.001%
三井住友銀行 0.001%
みずほ銀行 0.001%
ゆうちょ銀行 0.001%

ネット銀行や地方銀行の中には若干高い金利が設定されている銀行もありますけど普通預金で0.005%〜0.02%程度です。

金額で言うとメガバンクの様な0.001%の場合は100万円の預金で1年間の利息は10円です。

仮に1000万円の預金を預けても1年間の利息は100円と言った実に悲しい数字なのです。

そこで、もう一度上記の金利表をご確認下さい。

イオン銀行の欄に(0.120%)の記載がある事にお気付きだと思います。

実はイオン銀行では、たった1つの条件を満たしてイオン銀行に預金すると通常金利の0.02%に0.1%が加算されて0.02%+0.1%=0.12%と言う他行では到底ありえない金利のサービスをしてもらえるのです。

実はこの数字はメガバンクの普通預金金利と比較したら120倍もの数字で1年ものの定期預金の金利と比較しても12倍の凄い金利なのです。

それでは早速その方法をご紹介致します。

金利0.12%の取得条件

その方法とは、イオンクレジットサービスが提供しているイオンのクレジットカードの中でイオンカードセレクトを取得してイオン銀行に預金を預けるだけの普通の社会人なら誰でもできる簡単かつシンプルな方法です。

http://i1.wp.com/www.aeon.co.jp/campaign/lp/images/main_visual.png

イオンカードセレクトの特徴

イオンカードセレクトとはクレジットカードであるイオンカードとイオン銀行のキャッシュカードが一体化してるカードです。

国際ブランドはVISA、Master、JCBの中から選べて電子マネーのWAONも一体化されてる非常に便利で使い勝手の良いカードになります。

更にイオンカードセレクトは年会費が完全に永年無料なので手数料等の無駄なコストは一切かかりません。

ですので、イオンカードセレクトを取得してもクレジットカードは使わずにキャッシュカードのみを使う目的で作られてる方が非常に多いのも特徴です。

イオンカード自体は種類の多いクレジットカードですが全てのイオンカード会員数は既に2500万人を超えてるユーザーが存在します。

その人気の一番の理由は、やはりイオンの絶対的信頼度や他に無い様なサービスなのです。

そしてイオン銀行の口座数も500万口座に到達する勢いで会員数が増加してます。

イオン銀行は他の銀行と比べて銀行運営コストが非常に低いので、この様な金利サービスの実現が可能なのです。

もちろんATMの利用手数料に関してもイオン銀行のATMなら24時間365日いつでも引き出し手数料は無料です。

近所のイオンやミニストップや、まいばすけっとのATMで気軽に利用可能です。


現在の厳しい金利状況の中、イオンカードセレクトを取得すれば誰でも上記の金利サービスが受けられるのです。

イオンカードセレクトは決して取得条件が厳しいカードではなく、普通の社会人なら誰でも持てる様な一般のカードです。

この様な高金利の優遇キャンペーンは金持ちだけの為ではなく、お金に悩んでいる方にも当然ありがたい優遇です。

地に足をつけて地道に土台を作り上げて損をしない生活をする事は非常に大切な事です。

それができなければ一生お金に悩む人生を送る可能性だって少なからずあります。

またイオンカードセレクトの細かなサービス等に関しては公式サイトで詳しく確認ができますので、今回はイオン銀行での金利0.12%に関しての説明を大々的にさせて頂きました。

イオンカードセレクト 公式HP