自分が抱えてる借金問題に首が回らずに困ってる場合、一番簡単に少しでも身軽にするには債務整理をされる方が多いです。

借金問題になやんでいるよりは早急に債務整理した方が正解なのも事実です。

しかし、そこへ行き着くまでに色々な事えを考えたり悩んだりして時間だけが経過してしまい、結果的に借金を更に膨らます方が多いのです。

基本的に債務整理とは、借金問題を解決するための手続の総称です。

決して負債が多いというだけで自己破産をしなければならないわけではありません。

借金問題で悩んでる方の現在の負債状況や家計の状態等をお伺いし、まずは任意整理を念頭に考え、最善の方法をご提案する相談所があります。

今回ご紹介するアルスタ司法書士事務所では、任意整理であれば全国対応が可能な司法書士事務所です。

http://i1.wp.com/alsta-saimu.click/image/head2.png

元々借金問題に強いアルスタ司法書士事務所ですが、借金で悩んでるユーザーの方に選ばれてるには、しっかりした理由があります。

なぜアルスタが選ばれるのか?

  • 債務整理に強い司法書士である事
  • 無料相談、即日対応、全国対応
  • 費用の支払いが柔軟である事
  • 依頼者毎に担当者がついている事

そもそも債務整理とは?

毎月の支払い額が多額になっている場合には、債権者からの請求や督促を一旦止め、残っている元金相当額の分割支払の交渉を行う任意整理、既に返済不能の状 態にある場合には、自己破産または個人再生の手続などがあります。

また、長期間に渡り消費者金融や信販会社と取引がある場合には、払い過ぎた利息(過払い 金)が発生している可能性があるので、この過払い金を残っている元金の支払いに充て、もしくは純粋に返還請求を行うこともこの債務整理の手続に含まれます。


上記からもお分りの通り、決して負債が多いというだけで自己破産をしなければならないわけではありません!

アルスタ司法書士事務所では、現在の負債状況や家計の状態等をお伺いし、まずは任意整理を念頭に考え、あなたにとって最善の方法をご提案してもらえます!

更に、多数・多額に借入れを重ねた結果、違法業者からも借り入れを行ってしまった場合についても、アルスタ司法書士事務所では借金問題の終局的な解決に向け、相談や依頼に応じてもらう事もできます。

借金問題には、必ず解決方法があります。

だからこそ、まずはアルスタ司法書士事務所に併せてご相談して下さい。

また債務整理には下記の方法がありますので、相談した上で一番最良な方法で解決まで導いてもらえます。

債務整理の方法

  • 任意整理
  • 過払い金請求
  • 個人再生
  • 自己破産

主に上記4つの方法があります。

また、それぞれにメリットとデメリットがありますので簡単に比較してみたいと思います。

任意整理のメリット・デメリット

任意整理とは、裁判所を介することなく、借金の減額や利息の一部カット、今後の返済方法等について、各債権者との交渉により、和解を求めていく手続です。

任意整理は当事者間だけでの話し合いのため、家族に内緒で手続を進めることが可能ですし、呼び名のとおり、手続の相手方を任意で選ぶことができるため、比較的選択されやすい手続になります。

また、自己破産しかないと思っていた方も任意整理による減額などのメリットを受けることで、自己破産をせずに済んだ方が多いのも現実です。

  • 任意整理のメリット

✔︎各債権者からの督促が止まる債権者と分割支払の和解が成立するまで貸金業法第21条第1項第9号を根拠に一旦請求がストップします。

✔︎借金を減額することができる債権者と分割支払の和解が成立するまで貸金業法第21条第1項第9号を根拠に一旦請求がストップします。

✔︎借金を減額することができる法律(利息制限法)に基づく利息の計算を行うことで、借金総額が減額される可能性があります。

✔︎利息を付けずに元金のみの分割払いが可能債権者の同意を得られれば、和解に至るまでの利息や損害金、将来的な利息についても減額される可能性があり、これによって毎月支払った金額だけ借金が減ることになるため、計画的に返済できるようになります。

✔︎過払い金の返還請求ができる長期間に渡り消費者金融や信販会社と取引がある場合に、発生している過払い金を裁判に依らずに請求することができます。

  • 任意整理のデメリット

✔︎和解がまとまらない可能性がある任意整理は、前述のとおり裁判所を介さずに進める手続きであるため、話し合いに応じない債権者に対しては、任意整理により解決することができないことがあります。

✔︎信用情報に記録が残る任意整理をすると、信用情報機関にその事実が記録されますので、完済後5年間程度は新たに借入を行うこと、また、クレジットカードの作成やローンを組むことが制限される可能性があります。

過払い金請求のメリット・デメリット

過払い金とは、法律(利息制限法)が定める金利を超えて返済を行っていた場合に、債権者に払い過ぎてしまった利息のことを言います。

具体的には、平成18年12月に改正貸金業法が公布されたことにより、ほとんどの貸金業者が金利を引き下げているため、これより以前よりお取引をされてい る方が対象になると考えられます。

なお、この過払い金は、既に完済された場合だけでなく、現在も返済中であっても既に発生している可能性があります。

注意すべきは、過払い金の返還請求には時効が存在することです。

最後に返済を行ってから10年以上経過してしまうと、過払い金の返還請求が出来なくなって しまうため、故人がお取引をされていた、親族が長期に渡り取引をされているなどの場合を含め、お心当たりのある方はできるだけ早期にご相談して下さい。

  • 過払い金請求のメリット

✔︎取引当時の資料等が残っていなくても、過払い金の返還請求は可能です。

✔︎完済後の過払い金返還請求の場合、信用情報機関(ブラックリスト)に記録されることはありません。

またデメリットに関しては無いと言えるでしょう。

個人再生のメリット・デメリット

個人再生とは、裁判所に申し立てをし、資産を維持した上で負債を圧縮し、減額された負債を原則3年で返済する法律上の手続きです。

自己破産とは異なり、住宅を保有したまま手続きを行うことも可能です。圧縮される負債の額は、債務の総額や所有している財産によって左右されますが、概ね負債総額5分の1(但し、100万円以下となる場合は最低100万円)にまで減額することが出来ます。

  • 個人再生のメリット

✔︎アルスタへご依頼頂いた後は、各債権者からの督促が止まります。また、毎月の返済をストップすることが出来ます。

✔︎自己破産とは異なり、借り入れが如何なる原因であっても、個人再生手続きを利用することが出来ます。また、自己破産のように手続を進めることによる職業制限等は有りません。

✔︎住宅資金特別条項を使用することにより、住宅ローンの返済を継続しつつ、その他の負債を減額することが可能です。

100万円以上の、ある程度大きい金額の借金がある方向けですが、こちらも得にデメリットは無いでしょう。

自己破産のメリット・デメリット

自己破産とは、借金が多額に上ったために、自身の財産・収入状況で返済が不可能となってしまった場合に、裁判所に申し立てをし、借金を全額免除(免責)してもらう法律上の手続きです。

  • 自己破産のメリット

✔︎アルスタへご依頼頂いた後は、各債権者からの督促が止まります。また、毎月の返済をストップすることが出来ます。

✔︎ 借金の支払い義務が無くなる。免責を受けることが出来れば、借金の支払い義務が無くなり、経済的更生の機会を得ることが出来ます。

  • 自己破産のデメリット

✔︎住宅や自動車等、お持ちの財産は原則的に、全て処分しなければなりません。

✔︎破産手続き中に一定の仕事に就くことができない等の職業制限があります。

✔︎借り入れの原因によっては、免責を受けられない可能性があります。

✔︎官報(国が発行する公的な刊行物)に掲載され、裁判所に提出する書類の関係上、家族に内緒で手続を進めることが難しいものになります。


債務整理、過払い金請求、個人再生、自己破産等の各事務所がCMを展開している事で、年々相談者が増加傾向にあり信頼のおける司法書士事務所です。

だからこそ、なかなか家族、友人には相談できない事も安心して相談できます。

債務整理の事ならアルスタ司法書士事務所