新会社でもOK!コスト削減も。

創業初期の経営者はよく個人のETCカードを使っているが、簡単に法人用ETCカードを作れるのは意外と知られていません。

カード会社の審査名義でカードが作れなかった創業者には朗報になるかもしれません。

また、社長のETCカードを社員に渡して営業に行かせたり、公私混同し経費の精算が面倒くさくなってはいないでしょうか?

今回ご紹介する「ETC協同組合」のETCカードは、新会社でも作ることが可能で、カード毎に明細書が記載されるため、特に会社の経費の可視化や削減に大きく期待が持てます

ETC 割引による移動コストの削減やETCカードの複数枚発行により、営業マンの移動コストのコントロールや経費の見直しなど詳細について確認してみたいと思います。

http://i1.wp.com/sogyotecho.jp/wp-content/uploads/2016/07/etc.png

それでは法人ETCカードが便利な4つの理由をご覧下さい。

1.クレジット審査がなくETCカード発行が可能

通常のETCカードだと、クレジット審査が面倒。

また、創業初期だと、カードがなかなか発行されないということもあります。

ETC協同組合のETCカードはクレジット審査なしで発行可能です。

また、創業初期の新会社へのカード発行実績がズバ抜けて高いのも安心です。

2.料金は2ヶ月後の後払い

創業期は、キャッシュフロー命になります!

黒字倒産しないためにも、なるべく後払いの支払い方法が良いです。

ETC協同組合のETCカードは、末締めの翌々5日払いの請求で、キャッシュフロー改善にとても優れているのが特徴です。

更に領収書を保管する必要がなく、経費管理にムダが出ません。

3.ETC割引で現金払いよりもお得

特に創業期は、少しでもコスト削減したいものです。

ETC協同組合のETCカードは、土日祝日の休日割引が30%オフ、深夜割引30%オフ、など、
創業期に嬉しいカードです。

4.複数作れて明細書で一括管理

1枚のカードをその都度使う社員に受け渡すのは、結構な手間となります。

TC協同組合のETCカードは、営業マンの人数や車の台数分カードを発行できます。

それにより、毎月の利用明細で管理がとても簡単となります。


また、法人ETCカードの申込方法(ETCカード発行までの流れ)は至ってシンプルかつ簡単です。

http://i0.wp.com/sogyotecho.jp/wp-content/uploads/2016/07/etc_procedure.png

この様な手順で完了します。

クレジット審査がないので非常にスムーズです。

法人向けETC専用カード公式HP

更に全国で使える法人専用ガソリンカードとの併用で、コスト削減に相乗効果をもたらせてくれます。

法人カードの中でも、ガソリン(燃料)カードは大変人気が高いカードです。

なぜかと言うと、大量のレシートから解放され、 請求書は利用内容がわかりやすく記載されているので管理が簡単です。

業務時間も大幅に短縮できてしまいます!

もちろんクレジット会社の審査がなく、組合独自の審査で新会社、個人事業主様から圧倒的な指示を受けているガソリンカードです。

「年会費・発行手数料も無料だし、とりあえず作っておきたい」との声も非常に多いカードなのです。

法人専用ガソリンカード公式HP